成果獲得が急増!7桁アフィリエイターのキーワード選定のコツ。

この記事は

集客はできているが成果が発生しない
SEOをしても費用対効果がわからない
競合サイトとまともに戦っても勝てる気がしない

という方のために書きます。

もし、あなたがサイト運営をする際にも、アフィリエイターのキーワード選定テクニックを身に着けておくと、成果が伸びるのは容易に想像できると思います。

そんなアフィリエイターの手法を学び、稼げるキーワードで上位化するようになるために「アフィリエイターはどのようなキーワードを選んでいるか」について、あなたが実践できる方法をご紹介したいと思います。

キーワード選びで成果が変わる

成果報酬型広告(=アフィリエイト)を生業とするアフィリエイターは「成果を獲得しないとお金がもらえないため、成果獲得するための手法を徹底的に把握している人」と言っても過言ではありません。

先日、このようなツイートが流れてきました。

アクセル先生は、8桁(月1000万円以上)を獲得する一流のアフィリエイターです。ツイッターのフォロワー、セミナーの参加者は本当に多くてアフィリエイト業界では有名な方です。

そんな人でさえ「キーワード選びが重要」と言っています。

私もアフィリエイターとして起業した一人ですから、SEOというか成果獲得のためには「どのキーワードで上位表示させるか」という選定で生死が分かれることは痛感しています。

SEOの費用対効果が合わない?

  • 集客はできているのに成果が生まれないサイト
  • 費用対効果があっているかどうかがわからない SEO 対策

どちらも「購入する意欲のないキーワードを集客している可能性がある」ということが問題です。

キーワードには検索ユーザーの気持ちが込められています。

  1. 緊急度(悩みの深度)の高低
  2. 解決方法が選定済が否か
  3. 購入意欲(買いたいか知りたいか)の高低

例として、育毛剤を売ろうとした場合で考えてみます。

緊急度とは?

「頭頂部 薄い」と「抜け毛 対策」というキーワードでは、まったく悩みの深度が異なります。

  • 抜け毛 対策:抜け毛が増えてきてはいるが予防段階。禿げてはいないことが想像できる。
  • 頭頂部 薄い:頭頂部が薄くなっている状態。ハゲ症状が出ている可能性が高い。

この場合、ユーザーの緊急度(悩みの深度)は「頭頂部 薄毛」の方が高いのです。悩みの解消にかけるお金の量も大きくなるでしょう。

つまり、狙うなら費用対効果が高そうな「頭頂部 薄毛」です。

解決方法とは?

「頭頂部 薄い」と「頭頂部 育毛剤」では、解決方法に違いがあります。

  • 頭頂部 薄毛:病院、育毛剤、カツラ、植毛など、何で解決するかが定まっていない。
  • 頭頂部 育毛剤:頭頂部に効く育毛剤を探しているため、育毛剤の購入検討フェーズに入っている。

「育毛剤はどうだろうか…」と考えているユーザーに、良い育毛剤を紹介すれば、購入に至る可能性は高いでしょう。したがって育毛剤を確実に売りたいなら「頭頂部 育毛剤」で上位化したほうが、購入率は高いです。

購入意欲とは?

「育毛剤」と「本当に効く育毛剤」では購入意欲に違いがあります。

  • 育毛剤:育毛剤の何をしりたいのかが明確ではなく、購入する可能性があるかは定かではありません。
  • 本当に効く育毛剤:一度失敗して本当に良いものを探している人なので、購入意欲が高いです。

育毛剤というキーワードは検索ボリュームも大きい一方で、難易度が高いです。
しかし「本当に効く育毛剤」は、一度失敗した人が使うキーワードであるため、知る人ぞ知る狙いやすいキーワードです。

候補となるキーワード群から「どんな人が検索しているキーワードなのか?」を考えて選ぶことで、SEOへの投資費用は回収がしやすくなるのです。

競合性が高いに考える「キーワードずらし」のテクニック

誰でも思いつくようなキーワードなら、競合性は高まるだけ。 検索結果をみて「このサイトには勝てないな」と感じるライバルがいるなら、避けて通りたいのが人の性だと思います。

私も大きなポータルサイトと競合する場合は真っ向勝負は避けます。
そんな時に使うのがキーワードのずらしテクニックです。

ライバルとの上位争いは避けて、より確実に成果が得られるキーワードを見つける方法です。

キーワードプランナー、サジェストツールは使わない

あなたがもし、このツールのヘビーユーザーなら今すぐ使用をやめましょう。この二つは、SEO対策をしているブロガーWEBマーケターなら誰もが使用しているツールです。これらのツールでキーワード選ぶと、だいたい上位のサイトはSEOに強いサイトが出てきます。

だから今すぐ使用をやめましょう。

キーワードのずらし方

  • [初級]検索結果下部の関連ワードを掘り下げる
  • [中級]自社サイト、競合サイトのキーワードを見る
  • [上級]Yahoo知恵袋、Twitter

私が推奨するのはこれらの方法です。

[初級]検索結果下部の関連ワードを掘り下げる

今の検索エンジンでは、検索結果の下部に「関連するキーワード」というのが10個ほど出てきます。

例えば「育毛剤」と検索すると、次のような関連キーワードが出ています。

さらに「育毛剤 安い」深掘りしてみます。

このように、また違ったキーワードが出てきます。

いずれも検索需要があるために出てくるキーワードなので、この中から「自社商品を買ってくれそうなキーワード」を選んで記事を作ってみるのが一番簡単なキーワードのずらし方になります。

しかし、これは簡単で知ってさえいれば誰でもできてしまうテクニックです。

[中級]自社サイト、競合サイトのキーワードを見る

サーチコンソール

サーチコンソールは Google が提供する無料の Webの管理ツールです。ナビゲーションにある「検索パフォーマンス」をクリックすると、自社サイトへのアクセス数やキーワードが確認できます。

  • どんなキーワードで検索されたのか
  • 検索順位はどれくらいに表示されたか
  • クリックしてもらえたのか

などが簡単にわかります。

「狙ったキーワードで上位表示できているか」や「予想していなかったキーワード」などがわかるため、アクセスアップや上位化をしたいアフィリエイターは必ずチェックしています。

エイチレフス

サーチコンソールは自サイトに関する情報しかわかりませんが、エイチレフスなら競合サイトのアクセス数やキーワードまで調べることができます。

こちらは有料ツールですが、競合サイトの情報までわかりますので、 より幅広いキーワードに出会うことができます。

サーチコンソールは無料、エイチレフスは有料ですが、いずれも「本当に発生しているキーワード」を1000個以上一括でダウンロード(CSV形式)できる有益なツールです。

  • 現状の集客キーワードは適切か。
  • 競合サイトが獲得している有益なキーワードはないか。

この二つのツールでも予想しなかったお宝ワードを見つけることができます。

[上級]Yahoo知恵袋、Twitterからチェックする

育毛剤を売りたいとした場合

育毛剤 おすすめ
育毛剤 ランキング
育毛剤 口コミ
育毛剤 効果

などのキーワードを拾っていくだけでは、激戦を強いられます。

育毛剤を使いたいと思っている人は、どんな悩みを抱えているのか?

という所から探るために、Yahoo知恵袋や教えてGooなどのQAサイトで「育毛剤」を見てみます。

すると、いろいろな「悩みワード」が見つかります。

猫毛
前髪 少ない
おでこ 広い
髪の毛 ペタンコ
髪薄い 30歳
髪 濡れると目立つ
抜け毛 増える
髪 細い
毛量 少ない
つむじ 薄い
髪 スカスカ
M字ハゲ

こうしたキーワードからさらに悩みを深堀するために、出てきたキーワードでQAサイトを検索してみました。
※「髪薄い」「髪細い」「抜け毛」で再検索して同様に悩みを深堀してみました。

■髪薄い
髪薄い 女子大生
髪 スケスケ
髪 ふわふわ
頭 痒い
20代前半 髪薄い
生まれつき髪が薄い
シャンプー 抜け毛
ヘアアイロン 抜け毛
毛根 小さい
AGA
頭頂部 薄い
帽子 蒸れる
髪 増やす

■髪細い
弱った細い髪
張りがない髪
コシがない髪
髪 パサパサ
軟毛
禿げやすい
髪 本数 少ない

■抜け毛
抜け毛 多い
産後の抜け毛
スゴイ抜け毛
抜け毛予防
抜け毛 白髪
スカルプシャンプー
1日100本 抜ける
頭皮ケア
ドライヤー 抜け毛

キーワードの深堀を繰り返すと「育毛剤を必要としている潜在顧客のリアルなキーワード」が見えてきます。ある程度深堀出来たら次に「実際に検索されているキーワードはどれか?」を調べる工程に進みます。

存在しないキーワードで記事を書いても、グーグルは評価してくれません。
逆に「低品質なサイト」と認識されるリスクさえあります。

なので、最初にご紹介したサジェストツールを使って、本当に存在するキーワードなのかをチェックします。

キーワードプランナーはあくまで「リスティング広告用のキーワードとしてふさわしいか」を判断するっものであるため、検索が少ないものは「検索数なし」と表示されてしまいます。

サジェストツールなら、検索回数が少なくても「一定数検索が生じているものは表示される」ため、キーワードが存在するか否かをチェックするにはプランナーよりも正確にわかります。

■出してみたキーワード
猫毛 育毛剤
猫毛 薄毛
猫毛 髪 薄い
猫毛 改善
猫毛 対策
軟毛 育毛剤
軟毛 嫌だ
軟毛 薄毛
軟毛 改善
天パ 軟毛 ハゲ
軟毛 治す
軟毛 ハゲて見える
髪 薄い 前髪
髪 薄い 遺伝
髪 薄い 育毛剤
耳上 髪 薄い
うなじ 髪 薄い
髪 薄い 女
髪 薄い 男
髪 薄い 高校生
髪 薄い こめかみ
後頭部 髪 薄い
髪 薄い
髪 薄い 対策
髪 薄い 中学生
髪 てっぺん 薄い
髪 薄い 頭頂部
髪 薄い 治る
髪 増やす 男
髪 増やす 女
髪 増やす 育毛剤
髪 増やす 高校生
後頭部 髪 増やす
こめかみ 髪 増やす
つむじ 髪 増やす
髪 ボリューム 増やす
髪 生え際 増やす
髪 増やす 太く
髪 増やす 方法
毛量 増やす
産後 抜け毛
産後 薄毛
産後 髪の毛
産後 くせ毛
頭皮ケア おすすめ
頭皮ケア 育毛剤
頭皮ケア アイテム
頭皮ケア 薄毛予防
頭皮ケア エッセンス
頭皮ケア 男
頭皮ケア 女
頭皮ケア 乾燥
頭皮ケア かゆみ
頭皮ケア 化粧水
頭皮ケア 血行促進

と、このような感じです。

ライバルが意識していない「抜け穴」を独自戦略でガンガン攻める。
そのため、トップアフィリエイターはたった一人でも、レッドオーシャン業界で成果獲得ができるのです。

この方法は、下記のアフィリエイターが2012年に掲載したものを真似たもの。今では上級アフィリエイターのセオリーになっています。

[出典]たった1時間で意図が明確なキーワードを100個探しだす方法

キーワードずらしのデメリット

しかしこの方法にもデメリットはあります。

  • 内容が重複しやすい
  • 検索ボリュームが少なくなる

という3点です。

内容重複はサイトの質を下げる

内容が重複した記事が量産されると、評価が分散し「低品質な記事が多いサイト」とみられます。そのため、1キーワードごとに記事を書くのではなく、一つの検索意図に対して複数のキーワードを取り込まなくてはなりません。

例)
髪 薄い 男
髪 増やす 男
髪 増やす 育毛剤

上記のキーワードは、それぞれ存在するものの、一つの記事でまとめてしまうことで、記事の重複を避けることができます。「髪が薄く『増やしたい』女性に効果のある育毛剤」というテーマでまとめることができます。

こうするとムダ記事の量産を抑え、少数でも有益な記事に仕上げることでサイトの価値を高めることができます。

成約数は少なくなる

競合性は低くなりますが、ずらした分、検索数が減ります。

  • 育毛剤 おすすめ
    SEO難易度は高いが育毛剤と決まっているだけに、成約にはつながりやすい(検索数3600/月)
  • 髪 増やす 育毛剤
    SEO難易度は低くなるが、検索ボリュームも少なくなるため成約数は少なくなる。(検索数10/月)

このように、ずらし方によっては大幅に検索ボリュームが少なくなる場合もあります。

上記は極端な例ですが、実際問題として生じるものです。

「成約は月に何件必要なのか」

を考え、選ぶべきキーワードを選び、確実に上位化するようにしましょう。

この記事は参考になりましたか?

ABOUTこの記事をかいた人

7桁アフィリエイター。教育系メディアにて最大500万/月、美容系メディアにて最大250万/月を達成しWINQを設立。得意戦略はSEO、ビッグワードでも上位3位以内にいれ成果を量産するスタイル。1980年生まれ、業界歴10年(WEBデザイナー、マーケター、メディアプランナー、アフィリエイター)