【結論】ドメインオーソリティ(ドメインパワー)が「低」でも1位はとれる!

「ドメインオーソリティ」
「ドメインパワー」

こんな言葉に振り回されていませんか?

ドメインはSEOと深い因果関係があるように感じますが、じつはドメインオーソリティが低いサイトでも検索結果の上位を取ることが可能なんです。

ドメインオーソリティとは何かを正しく理解すれば「低いから上位化できないわけではない」ということをお伝えできればと思います。

それでは詳しくお話したいと思います。

ドメインオーソリティーとは

ドメインオーソリティーは検索エンジンでの順位を予測するためにMOZが開発した指標です。ドメイン機関のスコアは1から100の範囲で、スコアが高いほどランク付けの能力が高くなります。

公式に「SEOとの関連性がない」ことが判明

2017年、Search Engine Land の ダニー・サリヴァン氏は言いました。

グーグルの回答によれば『オーソリティはページ単位』である。特に人気のあるサイトでは、個々のページについて誤った評価を招く可能性があるので、グーグルはサイト全体またはドメイン単位でのオーソリティ評価を避ける。[出典]Search Engine Land

また、グーグルのジョン・ミューラー氏も、StackExchangeの中で同じことを公表しています。

DA / PA(ドメインオーソリティやページオーソリティ)はGoogleSEOとは何の関係もありません、それはMozがしていることです。[出典]StackExchange

ドメインオーソリティという指標は、MOZが開発した指標です。そのため、グーグルは順位決定の要因には使用しないことを公表しているのです。

ところが、アフィリエイターの中には重視される方も多いです。

グーグルは公式に順位決めの要因とはしていなとのことですが、アフィリエイターの多くは、MOZが何の根拠もなくこの指標を用意したとは考えていないようです。

「ドメインオーソリティーを高めれば検索順位が上がる」ではなく「グーグルも『どのサイトが優れているか』をドメイン基準で可能性はあり、それによって順位が変わっている可能性はある」と考えられています。

ドメインオーソリティーの調べ方

「どうやって調べるのか?」
「目安がどのくらいなのか?」
「平均はどのくらいなのか?」

などが気になる人も多いと思いますので、先に、自身のサイトのドメインオーソリティを調べる方法についてご紹介します。

グーグルクローム用アドオン「Moz Bar」が見やすい

MozBarを使うと、検索結果に出てくるすべてのサイトのドメインオーソリティ(DA)とページオーソリティ(PA)を見ることができます。

MozBarのアドオンページ にて追加し、右上のツールバーから無料登録するだけ。

使い方は大して難しくないので、あえて記事にはしません。
こちらをご参考ください

検索結果で想定的に比較してみよう

目安や平均といった数字にこだわる必要はありません。SEO目的でドメインオーソリティを調べるなら、自身のサイトではなく「競合サイトがどれくらいであるか?」に目を向けてみてください。

狙っているキーワード検索結果にて、どの程度のドメインオーソリティが出てくるのか。そこから目安や平均はおのずとわかります。

【現実】ドメインオーソリティーが高いとSEOも強い

MozBarを使って、PA(ページオーソリティ)とDA(ドメインオーソリティ)をチェックしてみました。

MozBarを使うとPA/DAが検索結果に表示される

  • SUMO[ PA:59/DA:68 ]
  • ZOZOTOWN[ PA:62/DA:77 ]
  • 食べログ[ PA:68/DA:92 ]
  • Wikipedia[ PA:64/DA:93 ]
  • Amazon[ PA:68/DA:95 ]

有名サイトは基本的にドメインオーソリティも高いのが特徴。しかし、必ずしもドメインパワーのあるサイトばかりが上位に出るかと言うと、そうとは限りません。

検索順位とドメインオーソリティの高さが一致するとは限らない

キーワード:不動産投資

  • 1位[ PA:42/DA:31 ]
  • 2位[ PA:30/DA:32 ]
  • 3位[ PA:39/DA:59 ]
  • 4位[ PA:51/DA:42 ]
  • 5位[ PA:20/DA:38 ]

キーワード:ヨガスタジオ

  • 1位[ PA:28/DA:34 ]
  • 2位[ PA:25/DA:15 ]
  • 3位[ PA:20/DA:15 ]
  • 4位[ PA:21/DA:21 ]
  • 5位[ PA:42/DA:93 ]

キーワード:医療脱毛

  • 1位[ PA:27/DA:38 ]
  • 2位[ PA:40/DA:29 ]
  • 3位[ PA:27/DA:39 ]
  • 4位[ PA:21/DA:28 ]
  • 5位[ PA:18/DA:23 ]

業界によって変わりますが、ドメインオーソリティ順に並んでいるわけではありません。DAが低いからと言って上位化できないワケではありません。

MOZはどのように評価を計算しているのか?

Googleの順位決定のアルゴリズムにはドメインオーソリティーは関与していないとはいえ、検索結果と比例している可能性も無視はできません。

そこで、MOZはどのように DA/PA を算出しているのかを調べてみました。

ここからの内容は2019年3月5日以降に新しくなったドメインオーソリティーについて、MOZの公式ページを意訳してみました。

[ 参考 ]Domain Authority

―――ドメインオーソリティーとは?

Domain Authority(DA)は、Mozが開発した検索エンジンのランキングスコア。Webサイトが検索エンジンの結果ページ(SERP)でどの程度にランクインけされるかを予測するもの。ドメイン機関のスコアは1から100の範囲で、スコアが高いほど上位にランクインにされる可能性は高くなる。

ドメインのリンクや総リンク数を含む複数の要因から計算される。このスコアは、Webサイト同士の「ランク付けされる強さ」を比較するときに使用できる。ドメインオーソリティは、Googleが検索ランキングを決定する際に使用する指標ではなく、SERP(検索結果ページ)にも影響しません。

―――ドメインオーソリティの採点方法は?

100点満点で採点。70から80に成長するよりも20から30に成長させる方がはるかに簡単。

―――ドメインオーソリティを良くするには?

質の高い外部リンク(WikipediaやGoogle.comなど)を持つサイトは、ドメインオーソリティが高い。逆に被リンクが少ない(質が低い)Webサイトは、ドメインオーソリティも低い。新しいウェブサイトは常に、スコア1から始まります。

ドメインオーソリティは、サイトの順位を予測することを目的としているにすぎません。高いDAスコアを取得することがゴールではありません。 あくまでSERP(検索結果ページ)で直接競合しているサイトのDAスコアを調べて、競合他社よりも高いスコアを目指すためのもの。

単なる比較ツールなので、必ずしもドメインオーソリティをみて「良いサイト」または「悪いサイト」と評価するものではない。

―――ドメインオーソリティとページオーソリティの違いは?

「ドメインオーソリティ(DA)」はドメイン全体またはサブドメインの予測順位の強度を測定する、「ページオーソリティ(PA)」は個々のページの強度を測定します。

―――ドメインオーソリティのデータ元は?

Web上の多数のSEOおよびオンラインマーケティングプラットフォームに組み込まれています。 リンクエクスプローラー(無料の被リンク調査ツール)、MozBar(Mozの無料SEOツールバー)、またはキーワードエクスプローラーのSERP Analysisセクションを使用して測定する。

―――ドメインオーソリティの技術とは?

リンクエクスプローラーのウェブインデックスのデータに基づいており、その計算には数十の要因を使用しています。実際のドメイン機関の計算自体は、機械学習モデルを使用して、リンクデータと、スケール基準として使用される何千もの実際の検索結果にわたるランキングとの間で最も密接に相関する「最適」アルゴリズムを予測的に見つけます。

機械学習計算に基づいているため、計算に使用されるデータポイントの数が増減すると、サイトのスコアが変動することがよくあります。たとえば、Facebookが10億の新しいリンクを取得した場合、みんなのPAとDAは相対的に低下します。

内部SEOの取組みの有効性を評価する指標ではない。他サイトからのリンクプロファイルと比較するための相対的な指標である。

―――ドメインオーソリティは、どのように影響するのか?

この指標は、特定のサイトがGoogleの検索結果にどの程度競合しているかを概算するためのものです。グーグルは多くの要因を考慮に入れるので、それを計算しようとすると、DA測定基準も同様に多くの要因を組み入れなければならない。したがって、ドメインオーソリティが直接検索順位に影響を与えるのは難しい。

【まとめ】ドメインオーソリティを高める方法

MOZの公式サイトによれば、被リンクの質と被リンク数に起因する部分が多いと考えられます。

したがって リンクビルディング を進めることが、ドメインオーソリティのスコア向上にもっとも貢献してくれる施策です。
※リンクビルディングは検索順位の向上にも大きく役立つため、ドメインオーソリティは検索順位の予測ができるのです。

しかし、何度も言われているようにあくまで「順位予想の指標」でしかなく、ドメインオーソリティが高いからと言って必ず上位にランクインできるものではないし、低いからと言って上位にいけないわけではありません。

  • ブログの専門性を高める
  • キーワードに最適な情報をだす
  • 読者の滞在時間を伸ばす
  • 直帰率を下げる

等の、基本的なSEOの取り組みを忘れないようにしてください。

【上級向け】サーチコンソールで被リンクを調べる理由は「リンクビルディング」のためである。

2019年5月5日

この記事は参考になりましたか?

ABOUTこの記事をかいた人

7桁アフィリエイター。教育系メディアにて最大500万/月、美容系メディアにて最大250万/月を達成しWINQを設立。得意戦略はSEO、ビッグワードでも上位3位以内にいれ成果を量産するスタイル。1980年生まれ、業界歴10年(WEBデザイナー、マーケター、メディアプランナー、アフィリエイター)