【事例あり】ブログはSEO集客が鉄則なのは売上アップに一番近いから。

結論から言います。
ブログはSEOを考えて検索エンジンから集客せよ」です。

というのも、検索エンジンというチャネルから集客するには

  • 検索連動型広告
  • ブログ

このどちらかでしで基本的には獲得できないからです。

リピーター向けのブログ
SNS で発信するためのブログ

となると、検索エンジンでは集客できません。

ここでは「なぜ検索エンジンなのか」や「集客できるブログ運営のポイント」を私の経験、実例、専門家の声を交えてご紹介していきたいと思います。

ブログ集客の王道はSEO(検索エンジン)

SEOとは

検索エンジン最適化「Search Engine Optimization」の頭文字を摂ってSEOです。検索エンジンから集客できるようにコンテンツやサイト全体を改善することです。

検索順位を決める評価基準や最適化の方法については「ブラックボックスである」と言われ続けていますが、最近はたくさん公式の資料も出ていますので、ご紹介いたします。

もしお時間があればぜひ読んでいただいて、SEOに関する知識を高めていきましょう。

まだ検索順位を決めるアルゴリズムが対応できていないとも割れることもありますが、年々これらの方向へ向かって変動しています。

GeneralGuidelinsは英文で分かりづらいですので、別途、分かりやすく内容を解説する予定です。しばらくお待ちください。

なぜSEOなのか?

「今はSNSの時代」と思うかもしれませんが、あなたも検索エンジンを使うことがあるように「いま必要な情報がある」場合に検索行動は必ず生じます。検索エンジンはグーグル検索に圧倒的なシェアがあります。

グーグル検索利用者は多い

Google now handles at least 2 trillion searches per year
[出典]SerchEngineLand

海外SEOメディア「SerchEngineLand」の調査では2016年にして年間2兆回という検索数が上げられました。これは「1日に55億回」となります。実感しにくいかもしれませんが、検索エンジンの利用者は非常に多いということです。スマホ利用者と共に検索の利用回数も増えていると考えられます。

アクセスが伸びやすく、マネタイズにもしやすい

検索利用者数が多いということは検索エンジンからアクセスを獲得しやすいということになります。キーワードによって検索回数は異なりますが、 検索ユーザーが想起しやすいキーワードで上位表示できれば、アクセスは簡単に増えていきます。

あなたのお客様はどんなキーワードで検索してくるのか

を考え、見込み顧客や潜在顧客を集めることで成約率も高くなります。これはトップアフィリエイターなら絶対に使用する手法です。ブログでお金を稼ぐには、売上への意識が鉄則です。

集客の先にある「マネタイズ」

個人ブログでマネタイズ

  • クリック課金(アドセンス広告)
    →とにかくセッションやPVを増やす→興味関心ワード
  • 成約課金(アフィリエイト広告)
    →購入意欲のあるユーザーを集める→悩みワード

雑記ブログのような「PVで勝負する」場合はアドセンスがメイン。多くの「ブロガー」と呼ばれる人たちはこちらが多いです。

逆にアフィリエイターは、購入や無料相談などが発生しての収入になるので「独自のセールスノウハウがある」という成功者が多いです。

企業ブログがやるべきこと

  • 認知拡大(読ませる)
    →大量コンテンツで関連ワードを広く攻める
  • リード獲得(資料ダウンロード)
    →ブログで教育する→興味関心ワード
  • 成約課金(自社商品の購入)
    →購入意欲のあるユーザーを集める→悩みワード

一般的には「認知度を高める(露出を増やす)」という目的で、企業ブログをやっていると思われる。しかし「資本力がある会社とない会社の戦略は変える」ことが必要。

弊社も含め事業オーナーが一人で成り立っている会社のブログ戦略は、成果報酬で生きる「個人アフィリエイター」のような戦略が合っていると思います。

成約や問い合わせを目的として、独自のWEBセールスのノウハウを構築していく。

人気ブログの推移を解析

個人ブロガーやアフィリエイターだけでなく、自社製品を売るためにブログを活用している企業も多いです。会社の規模に限らず、ブログは誰でも成功できる可能性があることを感じてみてください。

https://manablog.org/

アフィリエイト~ブロガー界隈で有名なのは「マナブログ」です。一人で運営されているにもかかわらず、ブログのみで月商500万以上とのこと。

記事数/月 31本
文字数@記事 3000~5000字
継続年数 6年以上
アクセス数/月 285,406

ブログ開始の2013年~2016年末までの約3年では更新記事数は1~10本と更新記事数には並みがある様子。それでも約17,000のアクセスがあったことが解析ツールで分かりました。

2017年以降は記事数が20本以上、現在では毎日更新されるようになってから急激に上昇しています。

「記事数と更新数は重要」ということがとても分かりやすく結果に出ています。

月5~10本入れておくことで、毎月1万人程度のアクセスを集めることが可能なのです。

SEO集客に必要なコンテンツとは

検索エンジンの価値は「検索者の悩みを解決してくれる”有益で信頼できる情報”を検索結果に並べること」ですね。そのようにサイトやコンテンツ全体を改善すること。

ブログの役割とはなんでしょう。
それは「見込み客の悩み(キーワード)を解決する、有益な情報を多く発信すること」です。

ブログは「SEO対策」の最強ツールである

ブログが強いのは「情報発信を通じてサイト全体の評価を上げる」というSEO対策ができるから。そもそも検索エンジンは、Amazon・楽天のような信頼が高いサイトが上位に出てきやすくなっています。

ということは「大手サイトが狙わないニッチキーワード」にこそ、たくさんの勝機があります。ブログは、ニッチキーワードから集客するための手法でもあるわけです。

ニッチキーワードを拾う読者が増えることがサイトの価値となり、やがては大手でしか狙えなかった競争の激しい人気キーワードでも上位化できる可能性もでてくるのです。

ある分野の先生(インフルエンサー)を目指そう

自分の分野について「誰よりも詳しくなる」というのは前提ですが、国内最強をめざす必要はありません。
「日本一売れているハンバーガー ≠ 日本一美味しいハンバーガー」と同じです。

ブログマーケティングで先生になるために重要なのは接点を増やすこと。検索エンジン、広告、SNSなど、接点が多ければ多いほど「認識のある人(=信頼できる人)」になるからです。

あなたもブログを使って見込み客との接点を増やしませんか?

継続的に配信されていること

あなたが信頼できるWEBサイトはどちらですか?

A.定期的に情報を発信しているサイト
B.長い期間更新されていないサイト

もちろん前者ですよね。継続的に情報が発信されているサイトには「人が管理していること」が明らかで、信頼がもてます。

アクセスが集まるようになっても、サイト更新はペースを落としてでも継続できることが理想です。

SEOのデメリット

ただし、検索エンジンからSEO対策で集客するとなると、事前に知っておかなければならないデメリットもあります。

キーワードを無視できない

GeneralGuidelineでは、品質の低いページの定義として、次のように表記されています。

7.1 Lack of Purpose Pages/7.2 Pages that Fail to Achieve Their Purpose(7.1目的の欠如ページ/7.2目的を達成できないページ

検索エンジンにおいて「キーワード=情報需要」になります。そのため、キーワード検索したユーザーが自身の検索目的を達成できることが品質の良いページ。逆に、訪問者を獲得できないページは「不十分な情報」と判断せれる恐れがあります。

キーワードの検索意図を把握し、検索意図を満たす情報を用意する必要があります。

発信する情報には「キーワードを意識すること」が欠かせません。

検索者を無視できない

コンテンツを評価するのはアルゴリズムです。ページ単体、サイト全体、他サイトでの評判など、様々な順位要因があるのでアルゴリズムがNGと判断することはやってはいけません。

GneralGuidelineで、低品質なコンテンツの定義として以下の表記があります。

6.3 Unsatisfying Amount of Main Content(6.3満足できない量のメインコンテンツ

あなたを知っている人になら一言で伝わる話も、あなたを知らない検索ユーザーには丁寧にお話しする必要があります。

SNSからアクセスされる方や、直接ブログへアクセスするユーザーにとっては十分なコンテンツも、「検索者にとって十分か」という視点を持っていなければ低品質になる恐れがあります。

検索ユーザーを無視することができません。

時間がかかる

検索エンジンからアクセスを獲得するには早くても3ヶ月~6ヶ月の期間が必要です。そのため、ブログ集客は早めに仕込むが鉄則です。

しかし、コンテンツが充実していくとドメインパワーが上がるため、新しいページでも集客にかかる期間は早くなっていきます。

「SNS機能」のブログ集客がベスト?

検索エンジンが時間はかかるため「フォロワーに配信する=SNS機能のあるブログ」を使い、時間をかけずに集客する方法もあります。

  • note
  • アメーバブログ
  • はてなブログ

などはプラットフォーム内で読者を集めることができるため、理論上はスピーディな集客が可能です。

たくさん記事がたまっていけば検索エンジンからのアクセスも見込めるため、個人~企業問わずビジネスブログとして活用されています。また、プラットフォームなので、運営会社側で内部SEOまで対応されており「コンテンツのみに集中できる」というメリットもあります。

アカウントを育てる期間

ところがブログとはいえSNSである以上「アカウントの信頼性、人気」がなければ集客はできません。アカウントを育てるために、時間を要するのは言うまでもありません。

検索エンジンを意識しなくなる

読者がプラットフォーム内から獲得するとなると、検索ユーザーへの配慮が薄くなりがち。キーワード選定や検索意図を考えずに書いてしまうことで、検索エンジンからの膨大なアクセスを放棄することになりかねません。

集客方法はSEO、中長期視点で継続すること。

ブログはSEOの知識を備え、検索エンジンから大量集客するのがセオリーです。
検索エンジンは成果報酬で生きているアフィリエイターも狙っている成約につなげやすいチャネルなのです。

最後に、成功させるためのポイントをまとめましょう。

ブログ集客を成功させるには「焦らずコツコツ」

まだかまだかと焦るのではなく、コツコツと検索者へ情報提供をしてファンを作っていくこと。常に自分にも言い聞かせますが、コレができる人がブログで勝てる人です。

先ほどご紹介したSEOブロガーのマナブさんも、500日以上継続してブログを書き集客を成功させています。極端な例ですが、継続的な発信による集客効果は理解していただけたのではないでしょうか?

検索者を意識しなければ上位化できない

発信する情報は「どんな悩みを解決するための記事なのか」また「どんなキーワードで検索してく人のための記事か」を明確にすることが前提条件。

前述したグーグルの公式文書でもある通り、不十分なコンテンツでは上位化はできません。

キーワードの探し方については下記も参考にしてください。

成果獲得が急増!7桁アフィリエイターのキーワード選定のコツ。

2019年5月1日

検索エンジン集客に特化した記事をご用意します

弊社ではSEOに特化した記事作成を代行しております。
特にコンテンツはSEOでも一番の要、十分な調査やSEO観点でのチェックが必要になります。

・ブログ集客で成果がでない方
・外注、編集などが面倒な方
・オウンドメディアを強化したい方

はこちらをお読みください。

この記事は参考になりましたか?

ABOUTこの記事をかいた人

7桁アフィリエイター。教育系メディアにて最大500万/月、美容系メディアにて最大250万/月を達成しWINQを設立。得意戦略はSEO、ビッグワードでも上位3位以内にいれ成果を量産するスタイル。1980年生まれ、業界歴10年(WEBデザイナー、マーケター、メディアプランナー、アフィリエイター)